総量規制対象外のキャッシング

総量規制対象外のキャッシング会社の紹介です

Archive for 10月, 2014

彼氏と喧嘩になるときの、彼女が悪い場合

without comments

彼が悪くて喧嘩になったとき。

それは、アルバイト代を一緒に毎月決まった額を貯めて行こうっていう話をしていて、実際に旅行の為とかに貯めていたんです。なのにある月はそれがなくて、話を聞いてみるとギャンブルで使ってしまって、更に学生でも借りることのできる消費者金融(http://xn--t8j0gd0a9941b8eo9o6b679b.com/)でお金を借りていました。

その時は頭にきて大ゲンカ!!

彼氏と喧嘩になる場合、彼女、つまりこちらが悪かったなと思う時。
まず、デートや待ち合わせの時間よりも、早めに彼氏のところへ行ってしまったバターン

そして、彼氏のお家で、デートが終わってから、もう少し居てもいいよ、と言われ、その言葉に甘えて長めに居てしまったパターンです。

この2つは時間について、ということですね。

こちらとしては、少しでも長く、彼氏との時間を過ごしたいわけです。

しかし、よく考えてみると、彼氏の側、男性からすると、自分の時間が奪われる感覚みたいで、時間をとってるんだから、遅れるでもなく、ゆっくりするでもなく行動してほしいと思ってる場合が多いと思うからです。

待ち合わせの場合、それまでの時間は自分の時間なんだから、急かさないでくれ、邪魔しないでくれ、そう言われてキレられたことが数回あります。

特に、彼氏の家に長めに居てしまった時には、彼氏の方が、ゆっくりしていきよーっていう時間の感覚と、私の方が、ゆっくりする、という感覚が違ったということでしょう。

彼氏の側としては、一時間以内は、用意はゆっくりしても良いし、10分くらいは多めに見るからね、ということです。

案外彼氏の方は、ゆっくりしていいと言いつつ、急いでることが多いように感じます。

その時間の流れに割り込むことで、イライラさせてしまったのかな、喧嘩したのかなと思うことがもう一つ、

彼氏の方が眠い、という時に、今日しかないんだし、早くあのイベント行こうとか、誘ってしまったことです。

もちろん、イベントのあと喧嘩になりました。

つまり、彼氏側が、前から行きたいと行ってた、限定販売の物産市とか映画に、その当日は仕事で疲れて、今日は寝ておきたいと彼氏のほうが、言ってたのに、無理矢理連れてってしまったことです。

真意を言わず、彼氏側が、話の流れで行きたいと言ってしまったのだとあとでわかりました。

仕事で疲れて寝る時間をたっぷりとりたかったやろうに、申し訳ないと今では思ってます。

 

Written by admin

10月 22nd, 2014 at 10:35 am

Posted in 未分類

VIOレーザー脱毛がしたい。

without comments

今脱毛したい部位は、デリケートゾーンです!
社会人になってすぐ、わきや膝下などの見える場所は行いました。まだまだ働き始めたばかりだったので、全身コースを行うお金と勇気がありませんでした。
現在の状態でも満足はしていますが、次にやるなら、絶対デリケートゾーンです。(VIOレーザー脱毛参照:http://xn--vio-sk4btkjdb2861jretb.net/
当時は彼氏もいなくて見せる相手もいませんでしたが、今は結婚して、主人もいて、子供だっています。普段の生活で忙しくて、殆どお手入れができず放置状態です。切ったり、剃ったりすると、それはそれでチクチクしたり下着から顔をのぞかせたりと気になります。あとは子供から「ぼーぼー」と無邪気にいわれるのも辛いところです。
熱で焼いて切るタイプの除毛機器も購入してみましたが、短くはなるのですが、毛深いせいか、その短い毛が見た目として微妙です。
今は妊娠中なので、お医者様など、複数の人にみられたりもするので、毎回、脱毛しておけばよかったなーと思ってしまいます。
全く毛が生えていない状態にするつもりはありませんが、生えている範囲を減らせることで、衛生面でも良くなるので、母体にとっても良さそうだと思います。
あとは、一体どんな形に、どこを切ったり、剃ったりすればいいのかって調べても良く分からないのが現実なので、プロの方の意見を聞きながら、清潔に保てる状態をキープできたら嬉しいです。
海外では当たり前の地域も多いそうですが、日本ではまだまだ残しているのが普通ですし、銭湯くらいでしか他の方の状態を見ることができないので本当に未知の部分です。
施術では、パンツを履いたりするそうですが、最初は恥ずかしくても、相手も女性だったら馴れてしまうのでしょうかね。
毎回検診で男性医師に見られている現在なら、開き直っているので案外余裕でできてしまうかもしれません。

Written by admin

10月 9th, 2014 at 2:30 pm

Posted in 未分類